アイズワイズ気功教室 オフィシャルブログ

アイズワイズ気功教室 オフィシャルブログ一覧

2016.11.20

イェーイ!ブレイクタイム

合宿のブレイクタイムは、やっぱりおしゃべりが楽しみです。

北海道から沖縄まで、はるばる来てくださるので、ここでしか会えない方にも会えます。

「同窓会」のような懐かしさも。久しぶりの顔を見て、笑顔がこぼれます。

気功合宿

スタッフとの世間話も楽しいものです。

お互いを知ると、もっと気持ちが通いあうようになりますよね。

事務局にお電話いただく時、スタッフの顔、思い浮かべてくださいね!

気功合宿

仲間と近況報告

どうやらこれは、朝の散歩から帰ったところですね。

「気持ちよかったね?」って言ってるんでしょうか。

なに、笑ってるの?教えて。

気功合宿

食事の合間に打ち合わせ

合宿御用達バンドの「おひさまキラキラ?ズ」のお2人。

準備があるので、早めに夕飯を食べていただきました。

写真に写っていないけど、右側に講師やインストラクターが何人もいて、おしゃべり、楽しそうです。

2016.11.14

気を感じて、ていねいに送ります。

気功の実修には、いろんなものがあります。

中でも、手のひらから出入りする気を感じる「手のひら呼吸」は、基本中の基本です。

経験を積むと、感じられることは多彩になります。

相手と手を向かい合わせていると、手はじわーっと色んなことを語りかけてくれます。

気功合宿

2人1組で実修です

今日の自分。
今の気持ち。
今日の相手。
今の気持ち。

何度も組んだことのある相手でも、今しかない出会いです。

気功合宿

しっかりと相手を感じ

離れているけど、暖かみも伝わってきます。

気功合宿

相手の状態に心を向けて

手のひら呼吸ができるようになると、相手の体に手のひらを向けて気を感じる経験を積めるようになります。

気功合宿

気を送ります

相手の体がどうしたいのか、感じます。

自分が相手を変えていくのではなくて、相手の方がどうしたいのかに寄り添います。

2016.11.08

朝の実修。まずは体をほぐして

二日目も本格的に実修が始まります。

まずは、よく身体をほぐすことから。

誰でも、朝は一番こわばっているんですよね。じわーっとゆるめていきましょう。

気功合宿

肩周りを伸ばします。

あのー、一見普通のストレッチにしか見えないと思うんですけど。

アイズワイズのストレッチは、「さなぎと蝶」というプログラムと合体して、「ストレッチ最後にさなぎと蝶」略して「スト蝶」というプログラムなんです。
限界を超えていきますよ。

気功合宿

胸を開いていきましょう。

はい、もっと伸びますよ。うーんと、気持ちよく。

気功合宿

肩甲骨も開きます。

長い間続けているので、誰もが自分の身体のどこが固いか、よく分かっています。

気功合宿

足のストレッチも忘れずに。

誰かと比べないのは、当たり前です。

自分に問いかけながら、行います。

気の巡りが良くなって、身体もポカポカ。気持ちよいです。

2016.10.31

朝は、すがすがしいウォーキングで始まります!

「夏合宿」の朝は、早く始まります。ちょっと時間がたつと、暑くなってくるから。

早朝のウォーキングで、すがすがしい空気を満喫して、緑や動物も楽しんじゃいます。

忙しい日常では、こんな時間、なかなか持てないですよね。

「夏合宿」ならではのハイライトの一つです。

気功合宿

自然に囲まれた遊歩道を歩きます。

さぁ、今日もお天気に恵まれそうです。

まだちょっと眠いけど、まずは歩き出しますか。

もう先を歩いている仲間もいることだし。

一人ではおっくうになりがちな、早朝のウォーキング、テンポよく始まりました。

気功合宿

可愛らしい花ね。

あちらこちらに、花もいっぱい。

私たちを迎えてくれます。

自然の生き物の力を感じます。

気功合宿

こんな蓮の群生、中々見られないな。

蓮の花は、この季節のほんの短い間だけ見られるんです。

一面に咲いていました。

足を止めて、思わず見入ってしまいます。

2016.10.25

恒例、朝の「太極気功十八式」

1989年に出版された「『気』には無限の力がある」の中で「太極気功十八式」という「型をやるタイプの気功法」が紹介されています。

あれから、令子先生の気功の内容がどんどん進化するにつれ、こういう決まった型を習うことはなくなりました。

でも、合宿では、早朝に外で一回、「十八式」をウォームアップで皆でゆったりと行うことにしています。

気功合宿

清々しい早朝の気を一杯受けて

のびのびと腕を上げて、空を見上げて呼吸します。

ゆっくりと、気持ち良さを感じます。

気功合宿

ゆったり動いていると、体の隅々まで目覚めていきます。

同じ動きですが、身体が年々柔軟になっているので、負荷がかかるところが違います。

ますます美しい動きになっていますね。

気功合宿

溜まった疲れをはき出すように

淀んだ気を外に出して、清々しい気を体内に入れます。

その気のめぐりを感じていると、「この気はどこにいくのかな」と考えるようになります。

それを感じ、考えていくことが気功の始まりです。型に意味があるわけではありません。

気功合宿

本当に至福のひと時です。

自分が大きな空に包まれているように感じます。

いつも忙しいですものね。こういう時間、貴重なんです。