アイズワイズ気功教室 オフィシャルブログ

2015年03月

2015.03.30

朝の実修って、たまらなく清々しい!

「朝、外で運動すると気持ちよさそう」と、思いますよね。

そう、合宿の朝は、屋外から始まります。色んなことをやりますよ~。

それにしても、昨日あれ程カラダを動かしたのに、あらっ?
筋肉痛どころかカラダがとっても軽い!本当です。

こんな気持ちになったのは何年(何十年)ぶりでしょう。
軽やかに爽やかにウォーキングした後、皆で気功。
これも合宿ならではの光景です。

気功合宿

公園に向かって気持ちよく

朝の清々しい気の中。

こうやって行う気功で、体も心も伸びやかになっていくのがわかります。

気功合宿

大空と気を巡らせる

昨日は一日、じっくりと体をこれでもか!と動かしていきました。

その下準備があるからこそ、動きもなめらか。
気を大きく巡らしていくことができるようになってきます。

気功合宿

ゆったりと・・・

これこれ。この動き。

雲を掻き分けていくようで、とっても気持ちが良いんです!

気功合宿

ゆったりと・・・

どこまでも、どこまでも
大きくゆったりと空とひとつになっていきます。
何処からが自分なのかわからなくなる心地良い気に包まれます。

気功合宿

ふんわりと・・・

気のボールを空に放り投げて楽しみます。
ふわふわフワフワ・・・・
小さい頃こうやって無邪気に遊んだなぁ。

気功合宿

エイッと気合を入れて

1日はこれから!
今日も気合いを入れて
やるぞー!!

2015.03.21

合宿だからこそ、伸ばせる・伸びる・もっと伸びる!

夏合宿の魅力は、何と言っても普段と違うロケーションで出来ること。
普段できない動きができる、ということです。

体育館の広さも新鮮な気持ちにさせてくれます。

バレエバーもあります。頼りになってくれますよ。全体重をかけても、バーはひっくり返らない。
安心して身体を預けられます。

気功合宿

あ~気持ちいい

バレエのお稽古にかかせないバーレッスン。
「アイズワイズのバーレッスン」は一味も二味も違うのですよ~!

2014年バージョンをチラリとご紹介しますね。

気功合宿

こんなことも・・・

見るのと自分でやってみるのとでは大違い!
「こんなに足が上がらないなんて~」

こうしてみると、『気功師養成講座』の受講者の皆さ
んは、年月をかけてかなり身体が柔らかくなってきているのがわかります。

気功合宿

こんなことも、バレーバーを使うとできるんです。

毎日忙しく発ち動いているつもりだけど、やってみると分かります。
実は、身体のほんの一部分しか使っていなかったこと!

い、痛い。でも、気持ちいいんです。

気功合宿

どうやって伸ばしてるの?

取り組む姿勢にも個性があるので、参加者の皆さんはお互いの刺激になりますね。

勇猛果敢に大胆に!鮮やかに!

気功合宿

う~ん、伸びが足りないかな?

理路整然と知的に!でも柔軟に!

柔軟に・・・

気功合宿

伸ばした後は、丸めましょう。

こんなに筋力を使って思い切り身体を動かしても、
筋肉痛なし!

考え抜かれた内容がスゴイです。

2015.03.01

「気功」の実修には、どんなものがありますか?

「気功合宿」のエントリーをいくつかご覧いただき、ひょっとして、こんなふうに
思っていらっしゃるのではないでしょう?

「いつになったら、気功をやってる写真がアップされるの?」って。

一般に「気功」というと脳裏に浮かぶのが、ゆったりとした踊りのような動きか、
気功師が気を送るというイメージではないでしょうか。
逆にいうと、「踊りか気を送ること=気功」だと思っている、と。

いえいえ、「気功」はそんな狭いものではないのですよ!

  1. 気と血液のめぐりを良くして健康になること
  2. 気感を通じて、自分の気の質を高めてまっすぐに生きていけるようになること
  3. 気には境界がないので、自分の気で周りの方たちの役に立つようになること

など、たくさんの目的があります。

今までご紹介した様々な実修も、これらの目的につながっているのです。
でも、それでも「気功らしい」実修をご覧になりたい方もいることと思います。

ということで、今回のエントリーでは、「気功らしい」実修の紹介をします。

参加者の多くは、『気功師養成講座』で、山口令子先生から気功を習っている方が
多いので、「受講生」と「それ以外の初心者」と2つのグループに分かれて、レベル
にあった内容を学んでいきます。

気功の実習

いつも笑いがたえません

本当はかなり高度なことを習っているのです。

でもいつも笑いがたえなくて面白くて、「さっ、皆さん、これをやりましょう」という、先生のかけ声で気楽に取りかかれてしまいます。

さらには、かなり高度なことなのに、結構できてしまうところがすごいです。

日常でも、頭であれこれ考えず「じゃ、とりあえず、これをやってみようかな」という気持ちになるので、いつの間にか自分の「気質」が変わっていったのが分かります。

気功の実習

相手を感じながら進めます

こちらは、『気功師養成講座』受講生の実修風景の一枚です。

相手の身体に触ることなく、身体の一部に手を近づけているだけに見えますが、やってもらう側もやる側も身体中の気がどんどん巡ってきます。

気功の実習

こちらから無理やり気を入れるようなことはしません

相手の身体の持っている力を引き出すために、こちらから気を流し込んだりはしないのです。

だから、受ける側も、とても清々しく気持ちよいのです。

気功の実習

講師の誘導で気を巡らせます

こちらは初心者のグループです。

丁寧に習っていくうちに、段々と気の感覚が分かってくるので、面白くなっていきます。

これだけ早く気の感覚が分かるようになるには、秘訣があるのですよ。