アイズワイズ気功教室 オフィシャルブログ

アイズワイズ気功教室 オフィシャルブログ一覧

2014.10.24

気血のめぐりが良い身体を作るには、何が大事なのでしょう?

アイズワイズの気功は、日常の立ったり座ったりする動作で、気と血(液)のめぐりの良い状態になることを目指しています。
そのためには、動くたびにフラフラ・よろよろと重心が動くのは良くないのです。

重心はどっしり、動きは柔軟。エレガントな動きになるのですよ。

そのために、腰割や四股踏みもプログラムに取り入れています。
できないって?そんなことありません。年配の方でも女性でも、言われたとおりにやっていると、できちゃうんです。ほら、こんなふうに。

今回もブログ隊員・青空さんのエントリーです。

気功合宿

さぁー、腰を落として

一昔前は、生活の中で腰を落とすことは沢山あったのです。
椅子の生活。便利になった生活。ラクちんだけど、このままじゃマズイよね・・・と、多くの人が感じていることでしょう。
このあたりで、自分の力を引き出しましょ。

気功合宿

おおお、もっと落とせと言われると・・・

もっともっと落とせますよ。

同じことやっているつもりでも、一人一人、姿勢が異なりますね。

股関節の柔らかさ、脚力、腹筋や背筋の力、骨盤の柔軟さ、いろんな要素がからんでいます。

だから、進化していくのが分かります。

気功合宿

どっしりと踏み込みましょう!

気合を入れて四股ふみ「どっこいしょ!」

踏み込むことで、身体がしぶとくなっていくのを感じます。

もう一回!

気功合宿

四股ふみ2年目、ここまで行きます

さぁみんな行くわよ!

最初「四股踏み」と聞いて、「えーっ!」と言っていた方々。
生まれてこの方、一度もやったことのない方々。

でも、やり続ければちゃんと脚は上がるし、何十回と続けられるようになるのです。

気功合宿

「よっこいしょ!」 きれいにそろってますね!

どうしても先入観で、「女性だからこういう動きはできない」とか「男性には合わない」と考えがちですが、どんなことでもやってみると新鮮です。

合宿では次々と、やったことのない動きをこなしていきます。
そして疲れにくい身体になったこと、実感していますよ!

2014.10.12

裂帛(れっぱく)の気合!それは排功

気功合宿には、恒例の「排功(はいこん)」という実修があります。
合宿といえば排功。排功といえば合宿、というくらい、参加者の思い出に残る一コマになっています。これ以上出ないくらいの大声を出しながら、手を突きだし足を踏みしめて動く型なのですが、長時間になると、これが苦しいのなんのって。途中でやめたくなることもしばしばです。

でも、皆で声をかけあい、気合を入れあうと、「もう少し!」と頑張れるものなんですね。
そして、いつかやりきっている。
やりきった後の爽やかなこと。そして自分に芽生える小さな自信。
今年の合宿も、素晴らしい拝功でした。

ところで、今までエントリーは、ブログ隊員が頭を寄せ合って一つ一つのエントリーを作成してきましたが、時には、各隊員のオリジナルのエントリーもいいよね、ということになり、今回は隊員の青空さんのエントリーになりました。ほかの隊員の排功レポートも、そのうちお届けします。

気功合宿

まずは練習。手足の動きをなめらかに。

体育館に気合がみなぎります。

気功合宿

うわさの排功。初めての方は、30分の意味するところにまだ気づいていません。

30分一本勝負だ、
さあいくぞー!

気功合宿

頑張っています。声を聞かせてあげたいです。

えー!まだ5分しかたっていないの?!

苦しいけれど負けるもんか!

気功合宿

もっと大きな声で!

まだまだへこたれるな!

「もっと足を上げて!」「声を出して!」と声がかかります。

気功合宿

だんだんと気迫がこもってきました

気合だ!気合いだー!!

目の前の人が頑張っていると、よーし、という気になります。
気持ちが響きあうのですね。

あともうひと踏ん張り!

気功合宿

30分やり切りました。拍手!!!

やったー!みんなやりきったぞー! お互いの頑張りを讃えあいます。

皆で力を合わせて限界に挑戦する。日常ではなかなかできない体験です。
やっぱり合宿はいいよね~。

2014.09.29

ポスターに思いをこめて

合宿では、窓に大きなポスターを貼っています。ちょっと細かいところまでご覧いただけますか?
葉っぱや枝は全部きれいな紙を切り取って張り付けてあります。

今年は、大きなポスターだけではなく、皆様の手書きの「決意文(!)」のようなものも書いていただき、貼りました。Tシャツといいポスターといい、カラフルな合宿。華やいだ気持ちが広がっていきました。

気功合宿

一枚、畳一畳ほどの大きさです

制作者はこんな思いで作ったそうです。
「風を受けた樹木の葉が、一枚として同じ動きをせず、陽の光を受けて輝いているのを見ていて、人もそれぞれの揺れ方、輝き方、可能性があるのでは・・と。それを表現できればいいなと思って・・」

とても大きなポスターなので、貼るのも剥がすのも一苦労なのですが、ポスター掲示のサポーターさんたちが、手際よく進めてくれました!

気功合宿

ポスター左下に夏合宿のロゴが入ってます

今年のテーマは、「しぶとく、軽く、カッコよく」です。
そうなったら、疲れの心配なんかなくなりますよね!

子供のころのようなワクワクした気持ちで、なんでもチェンジできそう。
考えただけで、楽しくなってきましたよ!

気功合宿

柄はドットシールにて作成

「この合宿にかける意気込み」「自分、またはみんなへのメッセージ」等々、参加者の皆さんに自由に書いていただけるように、用意した小さなカードです。

桜色と藤色のものから選んでいただきましたが、今回は桜色が好評のようでした。

気功合宿

初日、早々に届いたメッセージ♪

「今年も全力でやっていきます」
「元気で帰るよ!!」

参加者それぞれの目標が、みんなの気持ちを盛り上げていきます。

気功合宿

***キラキラ***のメッセージが続々と!

Super Womanを目指したRさん、キラキラ輝いていましたよ!

桜色のカード、のりりんさんのメッセージは、
「カラダも心も1ミリ1ミリ限界を超えて前進するぞ!!還暦迎えて、肉体年齢元年
 りんりんと 軽やか人生のスタート年」

うんうん!皆で超えていきましょう!私たちはいつでも成長期(!!)ですから。

2014.09.16

今年のテーマは「10年後もしぶとく・軽く・カッコよく!」実修が始まりました。

実修の内容は、参加した方でも思い出せない程(たぶん)、多岐に渡っています。
少しずつ、その様子をお知らせしていきます!これからもブログをご覧くださいね!

気功合宿

今日のコンディションはいかかですか?じっくりと始めましょう

まずは、身体をゆ?っくりと、ほぐしていきます。

今日は、長時間乗り物に乗ってきた方が沢山いらっしゃいます。
同じ姿勢を取っていると、身体はすぐにバリバリに固くなりますね。

関節をほぐして、まずは、血流と気の流れをよくしていきます

気功合宿

もうこの時点で脚がキツい?!

こちらは、いわば準備体操。

同じことをしているはずなのに、人によって姿勢が異なります。
だって、筋肉はほかの筋肉ともつながり、どこが柔らかいか・固いかによって、動きが変わってくるからですね。

気功合宿

「ええっー!できるかなぁ・・」 大丈夫です!

ええ?っ!?
講師の動きに思わずビックリ!
日常生活ではまずしない動きです。
体幹がしっかりしていて、
関節が柔らかくないとできません。

気功合宿

さあ、皆さんも!

頭の中が混乱しているのが見てとれます・・・そうですよね。
やったことのない動きですから当然です。でも、このような新鮮な驚きと刺激がとても大切です。

自分の身体のどこが固いのか、「動きにくさ」で確認していきますよ!

2014.09.06

ブログ隊員、目に焼きついた一枚をアップします!

写真は、全部で1300枚です。
一つ一つ見ていると、見入ってしまって、なかなか選べない!
(本当に選べないんですよ。楽しかったのを、思い出してしまって作業進みません‥‥)

実修の時の皆様の表情(気迫も!)などは、これからたっぷり時間をかけてお伝えします。
その前に、まず「この一枚」というのを、各ブログ隊員が選びました。

で、どうして、これ選んだの?

気功合宿

今日も楽しく頑張ろうね!

講師もトレーナーもとても仲良しです。
合宿ではみなさんの笑顔にたくさん出会いましたが、
実は、講師やトレーナーにとっても、とてもリラックスして楽しい3日間なんです。

そんなお二人の最高の笑顔をパチリ!

気功合宿

何がそんなに嬉しいの~?

もう20年以上のおつきあいになりますが、彼女のこんな笑顔見たの、初めてです。

ねぇ、何がそんなに嬉しいの?
何が、というわけでないけど、ただ嬉しいとか?

すごくご機嫌。こちらまで嬉しくなっちゃいました。

気功合宿

面白~い。シロツメクサもこんな風に写るんですね。

この瞬間を撮りたい!なのに思いに反して、撮れる写真はブレブレ‥
何とかならないかな?カメラをいじっていると、魚眼モードというのを見つけました。
試しに撮ってみたら、結構楽しかったんです。

写真面白いかも、と思わせてくれたキッカケの一枚です。

気功合宿

右手招きは金運を、左手は人を、招いてくれるのだとか・・

会場近くの市場にいた招き猫さんたち。

動かず、何も話さない彼らですが、写真超初心者の私にいろんなことを教えてくれました。(よくわかってなかったカメラの性能だとか、撮る際のクセのようなものだとか・・・)
思ったように撮れた初めての写真です。

来年もあの場所にいてくれるかな?