「気の世界」を感じてみませんか

名著「『気』には無限の力がある」(三笠書房)から30年。
「今を生き抜くための力」をあなたに。

「気の法則」を知る

生きているこの世界に、大きな影響を及ぼしている

気には境界がない

呼吸をすると、気が外に出て入ってきます。誰かと一緒にいると、お互いに影響があります。気は連続しているもので、境界がありません。

だから「自分」と「他者」とに肉体は分かれていますが、全ては一つのものだと感じることができます。頭で考えたり、誰かに言われたりするのではなく、自分で感じて、気づいて、考えていきましょう。

気は形に先行する

私たちは、見える世界にあるものが、世界のすべてだと思いがちです。でも、実際には、3次元世界に生きている私たちは、3次元世界のことを完全に知ることはできません。

交渉事などで、始まる前に何かが動いていることを感じたことはありませんか?日常的に、私たちは、見たり聞いたりする以外のことでも世界を認識しています。

五感だけではな、「気感」が育つと、まだ形になるまえに、何かが変わっていくことが感じられるようになります。

気の力は動きにある

川の流れを想像してください。量が少なくても、勢いよく流れていれば、時間とともに石をもうがつかもしれません。逆に、淀んでいれば、たとえ量が多くても、何かを生み出したり、変化させることは難しいです。

気そのものに力があるのではなく、気の流れのなかに、力があるのです。